その先に在るモノを観る

そら

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『無邪気さを取り戻す』というお話でした。
今回は、『その先に在るモノを観る』というお話です。

画像は水の中から空を見上げているトコロです。

水の中なので、身体には水がまとわりつき、
水圧もあります。

水の抵抗により、自分の自由には動きずらいし
なかなかスムーズにも進めないかもしれません。

泳ぎの得意ではないヒトならば、
その状態のままで居るコト自体に
必死になっているので、
空を見上げる余裕も無いかもしれません。

とにかく水面に早く出るコトだけに
必死になり必死にバタバタして
もがく様に泳いでいるのではないでしょうか。。。

中には、水面に向かうつもりが、
より深いトコロへと沈んで行ってしまっている
ヒトもいるかもしれません。。。

または、泳ぎ疲れてしまい、
沈んで行っているヒトもいると思います。

そんな状態に陥ると、
「もう二度と水面には戻れない」という感じに
なっているのではないでしょうか。。。

そして、さらに自暴自棄になり、
溺れて死んだっていいんだ!と、
投げやりになるか、
もうどうでもいい!と開き直るか、
水のせいにしたり、
状況や状態のせいにして
自身の正当化をするかもしれません。

目の前の事ばかりに意識がいってしまい、
先を観る事も予測するコトも、
計画や予定をする事にも、
余裕が持てなくなり、
行き当たりばったりに疲弊して、
焦燥感と不安に囚われてしまいます。

そんな『負の連鎖』を止めて、
次なるステージへと進みたいのであれば、

『その先に在るモノを観る』

という意識が必要です。

いま、現状がどうであれ、
「何のために!」
そこに居て、そこに在るのか。。。

なぜ、その行為やモノコトヒトに
意識が行っているのか。。。

現状を把握する事で、
『その先』が観えて来ます。

モノであれ、コトであれ、ヒトであれ、
『その先』に在るモノを観て感じて
前へと進んで参りましょう。

『その先に在るモノを観る』

意識して
「何のために!」を
明確にしてくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “その先に在るモノを観る”

  1. 通り雨 より:

    ヒトのことで
    いつもハラハラし、
    空回りを繰り返し
    疲弊してしまう自分を卒業するつもりで実践中です。
    (なかなか難しいですが)

    その先にあるモノを見据えれば
    目先の事態にハラハラすることなんて
    そうそう起きないような気がします。

    • うえる より:

      ヒトの事。。。
      ついついいつものクセで思ってしまう。。。
      それも、また自分自身です^^
      し過ぎている部分を意識して減らして参りましょう!
      習慣の書き換えですね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ