変化を起こしたいなら自分から!

images (1)

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自己開示力を高める』というお話でした。
今回は、『変化を起こしたいなら自分から!』という
お話です。

ずいぶん昔のCMだったかに、
「暗いと不平を言うよりもすすんで明かりをつけましょう」
というフレーズが流れていました。

自らが「暗い」と感じるのであれば、
自らで「明かり」を灯す事が必要ですよ!という
意味だと受け取っていました。

だいぶん前なので、明確には覚えてもいませんが、
兄弟の間でも、夕方になって暗くなってくると、
お互いに言っていたように思います。

結局は、自身が動きたくないばっかりに、
他を動かさせようとする目的で使っていた
状態ですね^^;

お互いになすり合い状態です(笑)

そうこうしている内に暗くなり、
根負けした誰かが、
ブツブツ言いながら
シブシブ電気を点けていました。

根負けする者が現れなければ、
部屋の中はずっと真っ暗です。。。

きっと、そんな状態になっていたら、
お互いがお互いにキレだして、
ケンカになっていたかもしれませんね。

それだけの『エネルギー』があるなら、
とっとと明かりを点ければ済む話です。

それをせずに意地になり、
我を通す事に時間と労力を使って、
さらには無駄なストレスも感じている。。。

そんな状態です。

目の前に、
何らかの『変化』を起こす為の『術(すべ)』が
在るのであれば、
自身が自ら動きチャレンジする事で、
何らかの『変化』は起き始めます。

『変化を起こしたいなら自分から!』

出来る出来ないではありません!

『やる』か『やらない』か!

ただただ、それだけです。

「暗いと不平を言うよりも
すすんで明かりをつけましょう」

『心のともしび』を灯すのは、
『自分自身』です。

意識してチャレンジしてみてくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ