軌道修正に必要なモノ

羅針盤古代地図

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『カテゴライズしたがるヒトビト』というお話でした。
今回は、『軌道修正に必要なモノ』というお話です。

昨今では、優秀なナビゲーションシステムがあるので、
滅多に迷うヒトも居なくなりました。

しかし、、、

まだまだアナログなヒトや高齢者、
方向音痴のヒトは、迷う事があります。。。

方向音痴のヒドイヒトは、
ナビが在っても迷う事がありますね。。。

宇宙空間や空の上、海の上では、
わずかな『ズレ』でも修正をしなければ、
とんでもない事になります。

わずか1ミリでもズレているだけで、
到達地点は大幅に違ってきます。

「こんなはずでは!」

と、思った頃には、
すでに取り返しがつかない状態に
なる時もあります。

そんな状態になる始まりは、
ほんの少しの『ズレ』からでず。

始まりの時に、
「これ位大丈夫!」と放置しておくと、
取り返しがつかなくなります。

最新のナビにしても、
アナログな昔にしても、
自身の場所を特定するには、
地図とコンパス、緯度経度が必要です。

今は衛星を使う事で、
瞬時に場所の特定が出来ます。

アナログ時代は計測から必要でした。

しかし、、、

場所によっては、
アナログ時代でも、現代でも、
特定するのが難しい場所もあります。

そんな時に最も重要になるのが、
『自分自身』の感覚や感性、
経験や記憶、情報収集力やデータ集め、
応用力などになります。

そして何より大切なのが、
『自分自身』を観て感じて信じる事です。

『軌道修正に必要なモノ』

『現在の自分』までの地図(ルーツ・過去)

北を指すコンパス(自分自身の指針となるモノコトヒト)

明確な目的地の場所(目標・目的・夢・想い)

そして、頼りになるサポートやパートナー(助言や提案)

これらをフルに活用して
『軌道修正』をするのは、
誰でも無い、『自分自身』です。

そう!

最も大切なのは、
自らが考え感じ観て動くコトです。

『軌道修正に必要なモノ』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ