自分を磨く方法

CIMG5313

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自分が自分をつくっている』というお話でした。
今回は、『自分を磨く方法』というお話です。

『磨く』には、磨くための道具が必要です。

木や金属などを磨くための道具は『ヤスリ』です。

『ヤスリ』にも種類が在り、
荒削りをするモノから、仕上げの為の紙ヤスリや、
研磨剤と言われる粉やペースト状のモノまで、
様々です。

それらを使用目的に合わせて、
『判断』し『選択』して使っています。

まるっきりの木の塊や金属の塊の場合は、
削り出したい『カタチ』をイメージするトコロから、
始めます。

だいたいの『カタチ」が決まったら、
まずは粗々をカットしてから、
目の粗いヤスリで削り出します。

その後は、
徐々に目の粗さを細かくしていきます。

最終仕上げで輝きやツヤを出すのに、
ほぼクリームやただの紙の様な、
コンパウンドや紙ヤスリで磨きます。

ただの塊の時に、
このコンパウンドや紙ヤスリで磨いても、
その形状のまま表面にツヤが出来るだけです。

『自分を磨く方法』

それは、現時点の自分自身が、
「どの状態に在るのか!?」
それを探り知る事から始まります。

今の状態を知る事で、
どの『ヤスリ』になるモノが必要かが
分かります。

まだまだ、単なる塊なのであれば、
最終的にどんなカタチにしたいのかを
明確化するトコロから始まります。

そして、それが塊に投影出来たなら、
粗々なカタチにする為のカットから
始めます。

大幅な変更が在ってもいい様に、
最初はザックリでカットするといいです。

そこで『再調整』や『変更』や『見直し』をして、
荒削りの段階へとシフトします^^

そうしながら、徐々に『削り』から『磨き』に
シフトしていく事で、
『完成形』がきれいに仕上がります。

始めの大胆なカットや荒削りを怖れていては、
一向にカタチは整いません。

『自分を磨く方法』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ