振り返るというコト

夕闇

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『当たり前は無い!』というお話でした。
今回は、『振り返るというコト』というお話です。

今年も今日一日となりました。

残す所、数時間ですね。

SNSでも、「今年一年を振り返って」という様な
投稿が見られます。

一年の締めくくりに、今年を振り返ってみる。

とても、良いコトだと思います。

振り返る事で、その時には思いもしなかったコトや、
考えもつかなかったコトなど、
色々な視点や視野で見返す事が出来ます。

決して、「終わりよければすべてよし!だね^^」
という『ノリ』では意味がありません。

そんな『ノリ』では、単なる『年中行事』や
『イベントゴト』にしかなりません。

『振り返るというコト』

それは、『キレイゴト』にする事でも、
『体よく収める』という事でもありません。

よかった事や嬉しかった事、
楽しかった事や喜べた事など、
『ポジティブ』ばかりに目を向けていては、
本当の『振り返り』にはなっていません。

うまくいかなかった事や苦しく辛かった事、
痛かった事や悲しかった事、
さみしかった事や不快だった事など、
『ネガティブ』だった出来事にも、
目を向け向き合う事で、
本当の『振り返り』が出来ます。

ただ。。。

『ネガティブ』を『ネガティブ』なままで、
思い出して、再び『嫌悪感』に囚われるなら、
意味がありません。

そこから、何を学び、何を得て、
何を次に活かせるのか!?

『結果』が、どうしてそうなってしまったのか、
『原因』を探るだけでなく、
『原因』から『結果』に至るまでの、
『プロセス』をしっかりと探る事で、
同じ過ちは犯しません。

『振り返るというコト』

それは、『陰』も『陽』にも、
今一度、『光』を当てて、
『検証』するという事です。

「すべてに無駄なモノコトはありません」

『ムダ』にしてしまうのは、
『自分次第』です。

「自らの人生は自らが創り出しています」

来年を今年よりも、
さらによき学びの場とする為にも、
今年のすべての出来事を、
『活かして』参りましょう!

よろしくお願いします!

今年も最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ