『根』をイメージしてみる

成長過程

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『カタチ』のお話でした。

今回は、『根』をイメージしてみるというお話です。

『根』は、地面の中を成長します。

ここで、ちょっと『根』の気持ちになってみましょう。

『根』が成長し伸びる為には、当然ですが土の中を突き進んで行かなければいけません。

土壌改良によって、フカフカになってはいるものの、土の重みもあるし、やはり圧力もかかっています。

そんな中を、白くて細くて柔らかな『根』が土を掻き分けながら伸びていくのです。

それはそれは、キツくて、苦しくて、真っ暗な中で孤独な作業です。

前方にもしかすると、巨大な石が埋まっているかもしれません。

ネズミやモグラ、アリの巣に遭遇するかもしれません。

粘土質や水はけの悪い土壌に阻まれるかもしれません。

それでも、『根』は前へ前へと突き進みます。

そんな先の不安や諦め、恐れやプレッシャーを考えもしません。

なぜなら、『根』が成長しないと『芽』が出ないからです。

成長の順番は、『根』が先です。

しっかりと、『根張る』事が『根』の役目だし『サガ』です。

『根』の『サガ』と書いて、『根性』と読みます。

信じて根張る事!

頑なに張るのは、『頑張る』。

頑なに固まるのは、『頑固』です。

先を不安になるのではなく、『今』に集中し『根』を『張る』事。

それが、やがて花咲き実を結ぶのです。

『根』は、それを一心不乱に信じて役目を全うしています。

いま、自分の心の中でしっかりと『根』を出して張り始めている事を信じてくださいね^^

よろしくお願いしますm(__)m

有難うございます!!

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ