キャッチしているモノ

振動

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。(^▽^)/

前回は、『自分次第でどうにでもなる』というお話でした。
今回は、『キャッチしているモノ』というお話です。

ヒトは『五感』を使って、周りから
様々な『情報』や『刺激』をキャッチしています。

意識に上がってくるモノも在れば、
無意識で受け取り処理されているモノも在ります。

『五感』から同時に大量の『情報』が来る時も在れば、
ひとつの『刺激』に対して、ヒトツの感覚だけで
集中する時も在ります。

『外部刺激』に対して有効なのが『五感』です。

自身が周りから、何かしらの『刺激』を『五感』に
感じる事で『判断』や『選択』をする事が出来ます。

『刺激』を元にして、過去の『記憶』や『データ』と
照合し検索して、判断材料にします。

判断材料の中から、現在の対処法を選択し、
決定して指令を出しアクションにします。

なので、ほとんどの場合、
過去に取ったアクションか、
学習してデータとして
取り込んであったアクションを起こします。

自分が思いもよらない発想やアクションを
起こす事はほとんどありません。

そんな発想やアクションを起こしたいのであれば、

『キャッチしているモノ』

に気づく事が大切です。

自分自身がどこから何をどんな風に、
『キャッチ』しているのか!

そして、どう判断して選択し決定しているのか!

それらを意識に上げる事が必要です。

さらには、意識的に自分自身の『内側』を
観て感じて聴いて、『キャッチ』する事も重要です。

『内側』をキャッチできるようになると、
『五感』だけではなく、『直感』や『第六感』が
鍛えられます。

『キャッチしているモノ』

意識して観てくださいね!

よろしくお願いします(^▽^)/

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ