流れは動くから起きる

振動

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『毎日が在る幸せ』というお話でした。
今回は、『流れは動くから起きる』というお話です。

水の上に出来る『波紋』は、何かしらの『刺激』が起こす事で
波が生じます。

何の『刺激』も無ければ、水面は静かなままです。

さらには、何かしらの『刺激』を起こす為の
『アクション』があるからこそ『刺激』が発生します。

投石をするにしても、その辺のナニカを投げ込むにしても、
周りを見渡さなければ見つけれません。

ただただ、水辺に立ったままで水面に出来る『波紋』の
イメージをしていても、サイキッカーでもない限り、
水面に『波紋』は現れません。

『思考は現実化する』というのがあります。

確かにそれは間違いではありません。

がしかし、だからといって漠然とし過ぎている『イメージ』や
『思考』では、『現実化』をするには『材料不足』です。

『アクション』には、目に見える実際の『行動』も在りますが、
目には観えない部分での『想像』や『創造』もあります。

ボクシングなどのスポーツでもある、
『シャドー』と言われる『アクション』です。

対戦相手の過去の試合をひたすら見続けて、
さも、目の前に実際に存在している様になるまで、
思考にも感覚にも、叩き込む事から始めます。

動きやパンチ力、状況や状態、呼吸の仕方や目の動き、
身体的特徴やクセなど、あらゆる『視点』と『視野』によって、
まるで3D映像の様に目の前に居る状態にして、
『シャドー』をします。

そうする事で、実際に試合をしているほどの『体感』が
身に付きます。

そうする事で、無意識レベルでの『行動』が可能になります。

その状態が本当の試合での『勝利』への『流れ』を生み出します。

『流れは動くから起きる』

意識して、目には観えない『アクション』からの
目に見える『行動』を起こしていきましょう。

どれだけの『データ』や『情報』、『感覚』や『思考』を集めるかで、
『シャドー』の精度は上がります。

『流れは動くから起きる』

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ