環境に変化を起こすには

芽出し

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『自分の自由を知る』というお話でした。
今回は、『環境に変化を起こすには』というお話です。

日々の生活を送っていると、生活の中に『規則』や
『パターン』が出来て来ます。

単調な暮らしをしているヒトほど、『規則』や『パターン』で
落ち着きます。

それが決してイケナイという事では無く、
自身が納得の上で、分かった上で、暮らしているのであれば、
全然、問題はありません。

納得していたり、分かっているのであれば、
たとえ悩んだり凹んだりするという場面でさえ、
その『規則』と『パターン』の中に組み込まれているからです。

であれば、その環境を変化させる必要はありません。

自身が気の済むまで、パターンに飽きるまで、
その環境を繰り返していればいいと思います。

自身の『環境』や『状況』、『状態』を変えたいのであれば、
自身が造り上げている『規則』や『パターン』を解析し、
検証して、意識に上げる必要があります。

自動化されてしまっている行動や言動や仕草や表現、
思考や感覚、感情の出方などを、
意図的に意識上に上げて調べる事が大切です。

この『作業』をするには、今までの生活の
『規則』や『パターン』、『思い込み』や『概念』、
『思考』や『感覚』、『反応』や『処理法』等を、
一旦、『フラットな状態』にする事になります。

『環境に変化を起こすには』

今までの自分を一旦全て手放して、
自分自身を『客観的』に観てみる事が必要です。

『第三者』からの視点や視野、思考や感覚で、
『規則』や『パターン』等を検証してみる。。。

そうする事で、『土台』になっている自分の『基準』が
観えて来ます。

『環境に変化を起こすには』

イロイロなモノコトを乗せている『土台』の部分を
再構築する事で、『変化』を起こします。

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ