自分の信じたいモノコトを選んでいる

磁石

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『頼れる時は頼る』というお話でした。
今回は、『自分の信じているモノコトを選んでいる』
というお話です。

タイトルが長くなってしまいました^^;

ヒトは、何であれ常に『判断』と『選択』と『決定』を
しています。

それらの『基準』にしているのは、
自分の中の思いや想い、経験や記憶などから
構成されている『パターン』や『習慣』、『クセ』などです。

それらを基にして、判断も選択も決定もしています。

何度も繰り返される様な出来事や状況、状態では、
完全に無意識下で『自動化』されています。

無意識下なので、意識をして引っ張り出さない限り、
その『判断』や『選択』、『決定』に対して、
なんの『疑問』も『問題』も感じません。

ヒトは、自身を『正当化』したくなる生き物です。

自分の『判断』や『選択』『決定』が間違っているとは、
認めたくないのが信条です。

『正しい』と思ってしている行為だし思考だし、
『判断』『選択』『決定』です。。。

そんな状態のときは、
周りに対しても『同意』を求めるし、
『賛同』を得る事に力を注ぎます。

必死になっている時には、
対象になるモノコトを見つけて、
『比較』や『評価』する事で、『正当化』を図ります。

こんな状態になってしまうのも、
ヒトは自分自身が『正しい』モノコトをしっかりと
『判断』『選択』『決定』をしていると
思い込んでいるからです。

しかし、実際のところは、

『自分の信じたいモノコトを選んでいる』

という事に気づかないといけません。

自分の見たいモノ、聞きたいコト、信じたいヒト、
信じたいモノコト、、、

自分が否定されたり、注意を受けたり、
非難されたりしている様な出来事やヒトとは、
関係性を持とうとしません。

自分の『正当性』を脅かす様なモノコト、ヒトを
敬遠しています。

この時点で、本当の『正しい』モノコト・ヒト等を
観たり聴いたり感じる事が出来なくなってしまいます。

『自分の信じたいモノコトを選んでいる』

意識して自分を感じ観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ