深め合える関係性を創る

虹

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『合理化している事に気づく』というお話でした。
今回は、『深め合う関係性を創る』というお話です。

虹は、何色もの色によって構成されています。

国によって、見えている色も違えば、数も違っています。

虹には、たくさんの色のグラデーションが在り、
それぞれがそれぞれの色を放っています。

決して、違う色を発してはいません。

その色は、その色を全力で発しているだけです。

そこには、上下関係も主従関係もありません。

全ての色が、『50:50』の関係性です。

お互いがお互いを認め合っているからこそ、
色の深みが増します。

それにより、グラデーションの密度も濃度も、
変化します。

お互いがお互いにもたらすモノコトも、
状況や状態も変化します。

ヒトは、つい無意識レベルでも、意図的にでも、
優位性を持とうとしたり、優劣を持ってしまいます。

自身の『立ち位置』ばかりが気になり、
自身の立ち位置の為に他を利用する事もあります。

それでは、『表層的な部分』でしか関係性は
造る事が出来ません。

そんな状態で、お互いを深め合おうとしても、
どちらも『立ち位置』を造るので、
上手く深め合う事が出来ません。

『上から目線』になったり、『否定的な評論家』に
なったりします。。。

そんな状態では、相手を罵ったり、馬鹿にしたり、
攻めるコトや責める事しか出来なくなります。

そんな事にならない為にも、日ごろから意識をして

『深め合う関係性を創る』

事が大切です。

『深め合える関係性』で、最も大切なのが、
『50:50』の状態です。

比較や評価、優劣や優位性とかではなく、
持っているモノコトや資格等でもなく、
本質的な意識としての『50:50』な関係性を
意識する事です。

『深め合える関係性を創る』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ