内側にフロー状態を創る

そら

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自らの愛の定義を見直す』というお話でした。
今回は、『内側にフロー状態を創る』というお話です。

地球には、大気が充満しています。

光も降り注ぎ、水分も十分に在ります。

それらが滞りなく『循環』しているおかげ様で、
『生命』は育まれ、繁殖しています。

自然界では、全てのモノコトは満たされている状態です。

どこにも不足は在りません。

不足の事態になっている環境が在るとすれば、
それは、自然では無いモノコトからの影響が在るという事です。

『生命』の中で、不足を訴えている生き物は『ヒト』だけです。

進化と発展が進むにつれ、『欲求』が肥大しています。

「もっと!もっと!」「より便利に使いやすく!」「流行」などなど、
消費者の購買意欲をそそる言葉が乱立しています。

何かしらの新商品をいち早く誰よりも早く手にしたい。。。

流行りのお店には行ってないと。。。

もっと知識を増やさないと。。。

など、ほとんどの『欲求』は他者に向けての場合が多いです。

『比較』や『評価』を気にして、周りから『劣る』事が無い様に、
ヒトから馬鹿にされない様に。。。

などなど、ドップリと『物質社会』に浸かっています。。。

目に見えるモノコト、目に見える資格、口に出して言える知識。

それらが『豊かさ』の象徴になっていたりします。

なので、ヒトは目に見える『チカラ』を提示しているヒトを頼ります。

そんな『チカラ』のあるヒトの行動や言葉を見聞きする事で、
自身の中の満たされていない部分を埋める事に
必死になっているヒトも居ます。

そんな状態を続けていれば、自分自身で自らの『内側』を
満たす事が出来なくなり、いつでも『枯渇状態』のままに
なります。

そんな状態にならない様にするには、意識して

『内側にフロー状態を創る』

事が必要です。

物質はとても大切なアイテムです。

アイテムは、無いよりは在る方がありがたいです。

でも、どれだけ外側にアイテムを並べ立てたとしても、
内側が満たされていなければ、充分な活用が出来ません。

『内側』を充分に満たしている状態が『フロー状態』です。

『内側』を満たす事は、とても簡単です。

目に見えるモノコトから、目に見えないモノコトまで、
幅広く観て感じる事で、色々なモノコトが飛び込んでくるように
なります。

それらを感じ味わう事で、簡単に満たされます。

地球は大気に包まれ、水が絶え間なく循環する惑星です。

そんな惑星に『今』生かされている事を知りましょう。

『内側にフロー状態を創る』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ