出来事への意味付け

自然

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『安心領域を造り過ぎない』というお話でした。
今回は、『出来事への意味付け』というお話です。

生きていれば、色々なモノコトが起こります。

様々な状況や状態にもなります。

『ネガティブ』から『ポジティブ』まで、色々なモノコトが、
起きています。

物質的なモノコトから、精神的なモノコトまで、
どちらにも影響が出る様なモノコトもあります。。。

起きてしまった『出来事』は、無かったコトには出来ません。

見たくなくて、聞きたくなくて、感じたくなくて、知りたくなくて、、、

ずっと無視し続けたり、誤魔化し続けたとしても、
『出来事』自体が消える事はありません。

ヒトは、過去からの『経験』や『記憶』等によって、
それら『出来事』に、何かしらの判断や選択をする為に、
『意味付け』をしています。

『出来事』に『意味』を持たせる事で、判断材料にもなるし、
選択もしやすくなります。

『意味』をつける事で、自分自身の『正当化』や
『優位性』なども手に入れる事が出来ます。

反対に、『ネガティブな意味』を付ける事で、
『被害者』や『弱者』にもなれます。

自分自身を責める事も出来るし、周りのせいにも出来ます。

『出来事』に対して『意味付け』をするのは、
自分に影響のあるモノコトだけです。

自分に関係が無い事には、とても無関心だし、
無責任にもなれます。

完全に『他人事』なので、気にも留めない状態です。

『出来事への意味づけ』

というのは、結局は自分にとっての『メリット・デメリット』を
判断したり、選択出来るようにするための『基準値』なのかも
しれません。

『出来事』は『出来事』です。

そこに『意味付け』をしているのは、それぞれです。

まるっきり同じになる事は、滅多にありません。。。

それほどに、『意味付け』というのは『曖昧』です。

「これしかない!」「こうに違いない!」「だって、、、でも、、、」
「しかし、、、」「つまりは!」「と、いう事は、、、」などなど、
ヒトそれぞれに勝手に解釈するし歪曲もすれば省略もします。

『出来事への意味づけ』

それは、自身の『思い込み』と『勘違い』と『刻まれた記憶』です。

何かしらの変化を起こしたいのであれば、
まずは、『出来事への意味づけ』を変える事を意識しましょう。

意識して『意味』を変えていく事で、自分自身に『変化』が起きます。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ