心の土壌にタネを蒔いたなら。。。

ラブタネ

今日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、環境を整えるというお話でしたね。

今回は、時間を掛けて丁寧に創り込んだ心の土壌にタネを蒔いたなら。。。というお話です。

実際の種まきでも同じなんですが、タネを蒔いたならじっくりと信じて待つことが大切です。

子供たちが、夏休みの宿題なんかで朝顔の観察日記を付けるというのがあったかと思いますが、

せっかちな子供は、タネを蒔いたなら、ジャックと豆の木のようにいきなり芽が出て成長するような気になる子もいます。

そんな子は、蒔いて数日も経つと、なんの変化も見えない土壌が気になって気になってしょうがなくなります。

そして、ついにはショベルを持ち出して掘り起こしてしまいます^^;

そうなると、せっかく成長を始めていたタネを痛めてしまい、成長の止めてしまう事になります。

じつは、タネを植えた時、最初に成長をし始めるのは『根』のほうなんです。

観えない所なので、つい『芽』がいきなり出てくるような気になっていらっしゃったかもしれません。

確認したい時はスーパーの食品売り場に『もやし』というのがありますので、確認くださいませ^^

『根』が土中にしっかりと張る事で、安定し『芽』を出す事が出来ます。

なので、いてもたってもいられなくなって掘り起こして確認しようとするなんて以ての外です。

土壌にタネを蒔いたなら、信じて今しっかりと根が成長しているのだと想って待ってくださいね^^

諦めずに続ける事を、『ねばる(根張る)』って言うでしょ^^

諦めずに信じて続ける事で、必ず成長し花開き実り収穫出来るのです。

よろしくお願いします!

有難うございます!!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

One Response to “心の土壌にタネを蒔いたなら。。。”

  1. かおりん より:

    自分を信じ諦めずに
    その時を迎えます(*^^*)

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ