自らの意思を表示する

ラブタネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『あえて環境を変えてみる』というお話
でした。
今回は、『自らの意思を表示する』というお話です。

『蒔かないタネは育たない!』

机の上に有るだけのタネは、育ちません。

袋の中に閉まってあるタネならば、
目にさえ入って来ません。

「知っている!」「分かっている!」「想像できる!」

そう思っているだけでは、何にも変わりません!

『リアル』の中で変化を起こしていきたいのであれば、
どうであれ、ほんの少しであれ、僅かな事でも、

『自らの意思を表示する』

事が必要です!

私達は、机に置かれただけの『タネ』ではありません。

私達は、袋に入れられたまま、自らでは動けない
『タネ』ではありません。

自らも動くことが出来て、自らの意思を持つ事が
出来る存在です!

どんな些細な事だと思ったとしても、
どんなにチッポケな事だと思っても、
まずは、どうであれ、

『自らの意思を表示する』

自ら湧き上がる、自ら沸き起こる、自ら湧き出る、
その『思い』や『想い』に『意識』を込めて、
外に向かって放ち表現を示す事!

それが、何よりも大切で必要です!

思いのたけを自分なりに発信する事で、
自らの中に『志』は芽生えます!

『志』は、大それたモノコトではありません!

自らが自らを自らで生きる事を示す事!

それが『志』です!

『自らの意思を表示する』事で、
『自らの意志を表示する』事にもなります!

あなたの『意思』を、あなたの『意志』を、
表現できるのは、あなた自身しか居ないのです!

『自らの意思を意志を表示する』

意識して観てくださいね!

よろしくおねがいします。

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ