何事も丁寧に扱う

重なり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『正しき事にしようとしない』というお話でした。
今回は、『何事も丁寧に扱う』というお話です。

芽が出たばかりの植物は、何もかもが『繊細』で『小さく』、
ほんの少しの『刺激』でも壊れてしまいそうに感じます。

根も細くて少ないし、葉も茎もまだまだ細くて簡単に折れて
しまいそうです。

動物の赤ん坊も同じです。

簡単に折れてしまいそうな、腕や足。。。

すぐにアザや傷が付きそうなほどの柔肌。。。

真っ新で純粋な瞳。。。

全てが『繊細』で『小さく』、『不安定』で『危なっかしい』
存在です。

それでも愛しくて可愛くて、愛おしい存在です。

そんな存在を目の前にした時、ほとんどのヒトは目を細め、
何とも言えない様な笑顔になり、優しく接すると思います。

折れそうな壊れそうな存在を優しく優しく『丁寧』に『慎重』に
扱うと思います。

細心の注意を払い、周りにも気を配り、真摯に向き合って
何を求めているのか、何を欲しているのかを探ろうとします。

まるで『腫れ物』や『重要文化財』や『貴重品』を扱う様に
慎重に丁寧に扱う事と思います。

中には、『丁寧』と『過保護』を履き違えてしまうヒトも居られます。

『丁寧』に扱うというのは、自身が対象に対してする行動や
想いや思い、言動や表現など、自身が発する事に注意を払う
事です。

『過保護』は、対象を必要以上に自身の思いで過剰に接し、
自身の都合でコーティングしてしまう事です。

『何事も丁寧に扱う』

自身の事、周りに対して、感情や思いや想いなど実際には
見えないモノコトにも気を配りましょう。

よろしくお願いしますね。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ