受け継がれているコトに気づく

心のタネその2

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『難しい事にしない』というお話でした。
今回は、『受け継がれているコトに気づく』というお話です。

今現在、生きている動植物は、ある日突然現れたのではなく、
延々と連なる『いのち』が繋がって、今生きています。

遥か昔にさかのぼれば、動物も植物も同じルーツより、
派生して来た『仲間』です。

そういう意味で言えば、植物は人間が生まれる遥か昔から
生息していたので、『大先輩』になります。

植物たちは、『動けない』のではなく、『動かない』を選択した
生き物たちです。

『動ける生き物』を選択した生物が、どんどんと派生して、
様々な『動物』が生まれました。

その中のヒトツのカタチが『ヒト』です。

それは、突然変異だったのかもしれないし、
必然だったのかもしれません。。。

私たちの祖先は、『お猿さん』となっていますが、
実際に、そうだったのかは分かりません。
なぜなら、『お猿さん』は『お猿さん』で
派生しているからです。

『ヒト』が『お猿さん』の進化形だったのなら、
『お猿さん』は『ヒト化』しているはずです。

近しい遺伝子情報はあるかもしれませんが、
完全に異質でもあります。

『遺伝子情報』には、しっかりと『情報』として
あらゆる生物が入っています。

それらの『智慧』を使える様になるには、
『知識』よりも『知恵』を使うことが大切です。

『知識』は、知っているというだけです。
『知恵』は、経験や体感が伴っています。

『知恵』の先に『智慧』が在ります。
『智慧』を体感する事で、自分自身の中に
存在するあらゆる生物の『情報』を使うことが
出来ます。

『才能』や『特性』、『感性』や『感覚』は、
『ヒトツ』ではなく、いくつも自身の中に存在して
います。

あらゆる『生きて来た術』、『生きた智慧』を、
受け継がれているコトに気づきましょう。

何も無いヒトなんて、居ません。
何も出来ないヒトなんて、居ません。
何も知らないヒトなんて、居ません。
何にも必要とされないヒトなんて、居ません。

今現在、ここに存在している時点で、
あなたは受け継がれてきているのです。

あらゆるコト・モノを受け継がれています。
自分自身さえ気づいていない『才能』が
たくさん在る事に気づきましょう。

よろしくお願いしますね^^
有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ