許可をする。

心のタネ

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、循環を意識するというお話でした。

今回は、許可をする。というお話です。

植物たちは、タネが発動するタイミングを自分で決めています。

成長をする条件が揃っていないと、タネを蒔いても発芽しません。

条件が揃ったときにタネ自身が決めて成長を始めます。

成長の仕方にしても、個々が決め個々に育っています。

根の出し方、伸ばし方、太さ、葉の大きさ、張り具合、出し方、

茎の伸び方、太さ、などなど、全てを決めています。

もちろん、日照具合や水の確保状況などによる影響はあります。

しかし、それらの影響を踏まえて成長状態を決めているのは

植物自身です。

そこで枯れるのか、成長を止めるのか、同じところをグルグルと

回り続けるのか、周りに当たり散らすのか、腐ってしまうのか、

すべては、自分が自分にそうするように『許可』を出しているのです。

どうであれ、『選択』をしています。

どんな事であれ、『選択』してそれを『許可』して行動や思考、

感情として出しています。

「いえいえ、こんな事を許可する訳がないじゃないですか!」と、

思うヒトもいるかもしれません。

意識で、拒否をしたり恐れたり避けたり見ない様にした時点で、

無意識では、肯定になり好むになり手に入れるになり喜ぶに

変わります。

無意識は、強いエネルギーに反応します。

ネガティブなエネルギーであろうと、ポジティブであろうと

強いエネルギーに反応するように『許可』されています。

意識的であれ、無意識であれ、『選択』と『許可』をしています。

『許可』をするのは、どうであれ『自分自身』です。

であれば、自分にとっても周りにとってもよい『選択』と『許可』を

したいですね^^

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ