ぼくらはみんな生きている~~

心のタネ

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、型にこだわらないというお話でした。

今回は、ぼくらはみんな生きているというお話です。

ものすごく当たり前の話に思うかもしれませんが、

ぼくらはみんな生きています。。。

植物も動物も、みんなそれぞれにそれぞれの環境で

生きています。

そこには、どうであれ生命が溢れています。

日々の暮らしの中で、成長し活動しています。

自ら動き考え想い発しているもの。。。

他のためにと想い考え動き発するもの。。。

自らを嫌い蔑み憎み打ちひしがれるもの。。。

他と比べ評価し攻めて責めながらいるもの。。。

日々、移ろいの中虚無感と共にいるもの。。。

他に合わせる事に一生懸命なもの。。。

流行や流れに必死について行こうとするもの。。。

無味無臭のごとく存在を消したいと願いながらいるもの。。。

さまざまな事象に感動し感謝しながら生きるもの。。。

ほんのチョットしたことに喜び、小さな発見を繰り返すもの。。。

周りからあらゆる事を学び生かしながらいるもの。。。

周りから見て悩みや苦しみ、辛さに感じる事も愉しめているもの。。。

などなど、それぞれがそれぞれのフィールドで生きています。

どれが善くて、どれが悪いなんてありません。

意識的であれ無意識であれ、自身が選択している結果の

フィールドです。

ぼくらはみんな生きている。

生きているから生きるんだ。

ぼくらはみんな生きている。

生きているから死ぬんです。

ぼくらはみんな生きている。

どこかで死が来るから生きるんだ。

生きているから、さまざまなコトやモノ、経験や感情、

感動や感謝、哀しみや寂しさ、達成や進化が出来ます。

生命は永遠ですが、『生』は『死』とセットです。

『生』を想い感じ考える事は、『死』を想い感じ考える事と

同じです。

植物たちが『今』を生きる事に集中できるのは、

これを知っているからかもしれません。

いつどこでどんなふうに死ぬかなんてわかりません。

わかったところで、その瞬間まではわかりません。

だったなら、『今』を生きる事に集中してみましょう!

過去も未来も、『今』にはありません。

ぼくらはみんな生きているのです^^

よろしくお願いしますね^^

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ