加減を知る

手つなぎ

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『心機一転する!』というお話でした。
今回は、『加減を知る』というお話です。

子供やお年寄り、パートナーや恋人と、手を繋ぐ時、
あなたは、どれ位のチカラで握りますか?

ほとんどのヒトは、『加減』をして握ると答えるのでは
ないでしょうか。

『加減』をするには、自分だけの認識だけでは足りません。

相手を観て感じて、ちょうど良い『加減』を探ると思います。

分からない時には、少し弱めのチカラで握るのでは
ないでしょうか?

そんな時、自身の中では相手のヒトを気遣い
想いやる心が動いています。

自分の『解釈』や『思い込み』ではなく、
目の前のそのヒト自身を感じ観て想い思うコトが
出来ています。

それでも、寸分違わない位の『適温』は
なかなか難しいです。

何度も何度も繰り返す事で、『関係性』も出来てきて
ちょうど良い『加減』を見つける事が出来ます。

最初から、『ピッタリ』という事は滅多にありません。

時間を掛けながら、色々模索したり試したり、
お互いに素直に向き合う事で観えて来ます。

『加減を知る』

知るためには、常日頃から意識をする事が
大切です。

様々なモノコトや、色々な状況・状態などに
対しても、感じて観る事が必要です。

その都度その都度で、アプローチ法や
アクションなどを、意識して変えて観たり、
試す事で、『視点』も『視野』も変わります。

『加減を知る』

意識して観てくださいね!

よろしくお願いします。

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ