心のタネを知るその2

心のタネその2 心のタネ

心のタネその2

前回は心のタネを知るというテーマでお話ししました。

今回は、その続きになります

受け継がれてきた遺伝子情報には、たくさんのタネが存在していると書きましたね。

その中でも、色濃く受け継いでいる遺伝子情報が自らの『本質』になっているとも書きました。

当然、ヒトによってはご両親やお爺さん、お婆さん、ご兄弟、ご姉妹、と全然合致しない様な事に

興味を示したり、思考や想像まで、まるっきり違っているモノを持っている場合もあります。

なので、そういう『本質』を持って生まれてきた場合、取り巻く生活環境や親族の思考や習慣などによって

まるっきり本来の自分に合わない選択や思考、習慣を身に着けさせられたヒトも中にはいらっしゃるかもしれません。

そんな時、何かしらの違和感をずっと持っていたり、周りとの違いに動揺していたり、自分が変なんだと責めたりする方も

中にはいらっしゃると思います。

周りの血のつながりのある親族と、意見や思考の相違があるのですから、かなり辛く苦しいと思います。

だからこそ、今一度、自分の中を探り観る事でもっともしっくり来る『心のタネ』を見つけることが出来ます。

その方法は、いろいろあるのですが、一番すぐに出来る方法としては、自分自身が好きなモノ、好きなコト、気になるヒト

気になるコト、面白そうと感じる職種、学問、資格、興味のある場所、地域、などなどを徹底的に書き出したり、

資料を集めたりしてみる事です。

そのうえで、自分自身が幼少期、または子供のころになりたかったモノ、コト、ヒトも出来るだけ書き出します。

そうする事で、『本質』につながる『心のタネ』が観えてきます。

今の現状や環境は、一切気にすることはありません。

まずは、『心のタネ』を観つける事に想いと力をそそいでみましょう。

蒔き方や育て方は、その後になります。

『自分らしく生きる』を愉しみましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました