苦手なタネも植えてみる。

ラブタネ

本日も、読みに来てくださり有難うございます!

前回は、過保護にしないというお話でした。

今回は、苦手なタネも植えてみるというお話です。

一番、初めに心のタネを見付けるというお話をしましたね^^

その際に、ワクワクする事、にやにやする事など、自分が喜べるタネを見付ける事がいいとも書きました。

が、しかし。。。

実は、苦手とするタネや毛嫌いしているタネにも、自分の中の可能性があったりするのです。

苦手とするタネや毛嫌いするタネは、なぜそう感じるかという理由が潜んでいます。

その理由と向き合い、紐解いていった時に、ものすごくピッタリとハマったり、気に入ったり、

しっくりと来る場合があります。

成長も一番早く大きくなる可能性も秘めています。

なので、とりあえずは蒔いて育ててみる事をおススメします。

理由の中には、家族だったり環境だったり思い込みだったりが影響していたりします。

たとえば、自営業のご両親でいつも寂しい想いをしていた時、その職業が嫌いになっていたり。。。

セールスマンで、電話がかかってきても、休日になっても、いつもへりくだってばかりの父の姿に

幻滅していたり。。。

などなど、職種に思い出をくっつけている場合もあります。

また、幼少期にマネをしていて馬鹿にされたなど、体験からの記憶も邪魔をしている場合もあります。

なので、とりあえずは手を付けてみて様子を観るのに育ててみる。

違っていたなら、やめる。

それだけで、選択できる未来はさらに広がります。

退くよりも進む!

まずは、蒔いてみる!

よろしくお願いしますね^^

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ