アクションを起こしてみる

ラブタネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとございます。

前回は、『自分で在る事に理由は要らない』
というお話でした。
今回は、『アクションを起こしてみる』という
お話です。

テーブルの上に置いたままの『タネ』は、
何にも変わりません。

ただただ、そこに有るだけです。

この『タネ』の存在を知ろうとしない限り、
この『タネ』は存在すらありません。

興味の持ち方はいろいろあります。

「何のタネだろう?」

「なんだこれ?」

「しっかりと調べないと!」

「育てる方法は?」

などなど、興味を示す方法だけでも、
幾通りものアプローチが在ります。

全然、無関心な状態のままでは、
『タネ』自体も存在を消しています。

ほんの少しでも、何らかの興味や
関心を持ってもらう事で、
『タネ』は存在として『活性化』します。

『発動条件』が揃った時、
一気に成長を始められるだけの、
準備をし始めます。

ちゃんと発芽させる事が出来るか?とか、
ちゃんと育てないと!とか、
私なんかで大丈夫だろうか?とか、、、

そんな思いや想いは、持つ必要がありません。

何気なくでも、一生懸命に探していたのでも、
意図せずに出会ったのだとしても、
その『タネ』は、あなたに出会っているのです。

いろいろな思いや想いが詰まった『タネ』は、
それこそ至る所に転がっています。

可能性のタネ。絶望のタネ。悲しみ苦しみのタネ。
喜び楽しみのタネ。サプライズやハプニングのタネ。

などなど、見渡せばどこにでも色々な『タネ』が
あなたに出会う事を待っています。

そんな『タネ』をみつけて出会うには、どうであれ

『アクションを起こしてみる』

事が必要です。

『アクション』を起こす事で、『タネ』は声を発します。

では、どんな『アクション』を起こせばいいのでしょう。。。

物理的?具体的?、、、
それとも精神的?

全ての『アクション』を起こせるなら起こしましょう!

でも、まずは『どんな花や実が成るタネ』が
欲しいのかをしっかりとイメージしまししょう。

イメージが出来たなら、どんなカタチでもいいので
外へと発しましょう!

紙に書き出すのでも、独り言でつぶやくのでも、
何かしらに叫んでも、何かしらのツールに発信しても
構いません。

『アクションを起こしてみる』

意識してやって観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ