本質を見失わない

そら

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『良質な『?』を持つ』というお話でした。
今回は、『本質を見失わない』というお話です。

何かしらのモノコトをやり始める時、そのモノコトが大きければ
大きいほど、緊張や不安が自身に湧き起こってくると思います。

なので、最初はとても慎重になるし、とても真面目に接します。

実際にモノコトをやり始めたとしても、丁寧に確認しながら
進めると思います。

しかしヒトは、何度も何度もやっている間にどんどんと慣れてきて、
自身の思いや想いを入れ、『歪曲』や『省略』、『自己解釈』を
持って、そのモノコトに取り組みだします。

そうなると、どこかしこに『ミス』が生じたり、『ズレ』が生じます。

慣れによって、自身でも気づかぬうちに『驕り』や『思い込み』が
出来ています。

それでは、そのモノコトが上手くいかないばかりか、自身の
生き方自体がバランスを崩します。

毎日の暮らしの中にも、たくさんの『慣れ』や『驕り』、『思い込み』が
あります。

初めての時は、とても緊張したり不安を持っていたり、慎重に
なったりしていました。

慣れない内は、慎重にしすぎて進めるのが遅かったりもします。

それでも、そのモノコト自体は、きちんと仕上げる事が出来たと
思います。

なぜならば、そのモノコトをしている『本質』を忘れていないからです。

そのモノコトが、なんのために、どう在るために、取り組んでいるのか?

自身の中に在る『本質』をしっかりと観て感じている事で、
『ブレ』を起こす事無く、やり遂げる事が出来ます。

『本質を見失わない』

意識して観て下さい。

あらゆるモノコトには、『ヒトとヒトの繋がり』や『関係性』も
含まれます。

『驕り』や『思い込み』、『慣れ』や『手抜き』はしていませんか?

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ