侵食されているモノコトに気づく

苔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『豊かさはどこに在る?』というお話でした。
今回は、『侵食されているモノコトに気づく』というお話です。

原生林の奥深くに入っていくと、画像の様な状態が
観れます。

地面にはシダ類が、木の幹には苔がびっしりと生えています。

コケ類やシダ類、菌糸類は、地面だけでなく木の幹や、
石、死骸やゴミにもくっ付いて成長しています。

ものすごい断崖絶壁の壁面にも群生しています。

コンクリートの隙間や、屋上の片隅にも在ったりします。

これらの『根』は、ビッシリと張り巡らされています。

すごく細くて長い『根』が、縦横無尽に伸びています。

幹の中、コンクリートの隙間、入れるところは全てと
言っていいほどに伸びています。

他にも、スギナやドクダミなどは、根の一部や茎の一部が
地面に残っていれば、再び成長し伸びて大きく育ちます。

カビも、表面的に取り除いただけでは再び現れます。

『生命力』という観点から言えば、とても逞しくてパワフルな
存在です。

あらゆる環境に順応して適応して繁殖します。

入っていけるスペースがあれば、どこまでも『侵食』します。

見えている部分だけでは想像する事が出来ないくらいに
『侵食』が進んでいる場合もあります。

この状態は、ヒトの『メンタル』や『悩み』、『思い』や『想い』にも
当てはまります。

自身では、「これくらい!」と思っていても、実はとても根深く
突き刺さっていたり。。。

自身では、「大丈夫!」とタカをくくっていても、実は侵食され
中がボロボロになっている時もあります。

自分の様々なモノコトがどこまでどうなっているのか

『侵食されているモノコトに気づく』

事が大切になります。

あなたは、何を知らず知らずに『侵食』させていますか?

想い?思い?感情?思考?状況?ヒト?モノ?コト?

何をどこまでどんな状態で自身に許しているのかを
意識して観て下さいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ