自分と向き合う時間を創る

芽出し

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『良質な問いかけをする』というお話でした。
今回は、『自分と向き合う時間を創る』というお話です。

このブログでも何度も書いているのですが植物の成長は、
地上からは見えない部分の『根』の成長が先で、見える所は
その後になります。

見える所は、周りからも見える所なので成長具合が一目で
分かります。

発芽していれば、ここに植物が在ったのだと知る事も出来ます。

『タネ』が転がっているだけでは、そこに在るというのは分かりません。

『タネ』が発動条件が揃い成長を始めても、見えない部分の
『根』を成長させる所から始めるので、その間も気づいてあげる事が
出来ません。

本当ならば、もう成長を始めているのでその『タネ』は動き出している
事になります。

動き出しているという事は、成長に必要なモノコトを集め出したり、
探り出したりしているという事です。

自身に必要な『栄養』や『水』を求めながら、地上部分がしっかりと
成長できるように地面に根差している時期です。

その時に周りの土壌が空気をたっぷりと含み、栄養も十分な土だと
よりしっかりと成長できるし根差す事が出来ます!

意識して観る事で、成長を始めてしまってからでも追肥や周りを
耕して土壌改良をする事は可能です。

これは、ヒトの中の『心』や『想い』や『思い』、『願い』や『夢』などにも
言えるコトです。

それらの『タネ』はいつでも『発動条件』を待っています。

『発動条件』は、本人に関係なく環境や状況の中で揃う事が
あります。

揃ってしまえば、『タネ』は動き出します。

『自覚』が無ければ、『土壌改良』も『追肥』も出来ません。

それでは、せっかく成長を始めた『タネ』も育ちません。

それに気づくのに最も大切なのが、

『自分と向き合う時間を創る』

という事です。

何時間も摂る必要はありません。

何分でも何秒でも構いません。

一日の中の、わずかな時間でかまいません。

意図的に意識して『創る』事が大切です。

『自分と向き合う時間を創る』

意識して観て下さいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ