すべてを愉しむ

こけ

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、作り込まないというお話でした。

今回は、すべてを愉しむというお話です。

画像のコケは、家のフェンス下の

コンクリートの上に生えています。

場所は、南向き西日がバッチリ当たる場所です。

このコケが、ヒトであれば、考える事や

思う事は、「しまったぁ~~」とか、

「もうダメだぁ~~」とか、

「最悪~~最低~~」とかだと思います。

水が確保出来ない。。。

日が当たりすぎる。。。

乾燥する。。。

栄養が無い。。。

などなど、最悪で最低の環境としか

見えないと思います。

がしかし、そのコケ自体は活き活きと

しています。

凹むそぶりも、悔やむ表情も、

気力無い姿も見せません。

この大きさに成るまでも、いろいろな

環境にさらされてきていると思います。

水が無くなったり、栄養も取れなかったり、

それでもなお成長して、『今』が在ります。

酸いも甘いも、辛いも苦しいも、

それこそ、楽しいも喜びも、

たくさん味わっていると思います。

ヒトは、『苦』や『恐れ』、『辛さ』や『痛さ』

から逃れる術を欲しがります。

そのスベを、手に入れて身につければ、

『楽しさ』や『喜び』だけの『ラク』な

生き方になれると思っています。

『生きる』に『ラク』はありません。

『喜怒哀楽』、『痛み』、『抵抗』、『圧』、

それらがある事で、成長や進化が生まれます。

それらを避けて、『ラク』を選ぼうとするから

『羅』(網の目の様に並ぶ)の様に苦しみが

やってくる『羅苦』にハマるのです。

『喜怒哀楽』も『痛み』も『抵抗』も『圧』も

すべてを愉しみましょう!

整体や指圧、リフレにテーマパーク、

バンジージャンプにお化け屋敷。

ヒトは、それらを愉しんでいます。

自ら予約し通ったりもしています。

ジェットコースターで絶叫し泣いたり怒ったり

それでも、また列に並び、新作が出れば乗りに

来たりします。

『ツラサ』も『コワサ』も愉しんでいます。

そして、求め望んでもいます。

すべてを愉しむ事を意識してみましょう。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ