循環を意識する

芽出し

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、時間を大切にするというお話でした。

今回は、循環を意識するというお話です。

循環というのは、一連の流れの事です。

サイクルという言い方もしますね。

植物の流れは、タネから始まりタネを創るまでが

成長サイクルです。

食物連鎖も、サイクルです。

日が昇り日が沈むのもサイクルです。

生死もサイクルです。

自然のサイクルには、無駄がありません。

処理できないモノは出ません。

だからこそ、長い年月が流れてきました。

一番、わかり易いのが『水』になります。

『水』は上から下に流れます。

高い所から低い所へ、硬い土壌にぶつかれば、

柔らかい土壌を削りを繰り返しながら川を創り

海へと流れました。

その間も、日に照らされ蒸発し『気体』となって、

下から上に上がります。

海にたどり着いた『水』も日に照らされ『気体』に

なり空へと昇ります。

空に上がると気温が下がるので、再び『液体』に

戻ります。

それが、『雨』となって降り注ぎます。

季節により、上空の気温が下がっていると、『液体』が

『固体』に変わり、質量を持って落ちてきます。

そして、地上に降り立った『液体』や『固体』は溶けて

土中に染み込むモノや地表を流れ出すモノになります。

土中に染み込んだ『水』は、土中深くに浸透する事で、

濾過されキレイになって再び地表から湧き出します。

そして、再び海へと流れます。

自然のサイクルは、常に流れています。

流れている事で、新たなるエネルギーを生み出し続けて

います。

『水』が流れ続けている事で、空気はキレイになり

風が吹き、雲が出来て、湿度が生まれます。

堰き止めた時点から、痛み腐り始めます。

自然のサイクルは、分解できないもの処理できないモノを

生みません。

不自然になるから、生み出されます。

ヒトの身体も自然の産物です。

循環を意識する事で、心身は変わります。

循環を意識する事で、関係性は改善されます。

『巡る』事を止めないでください。

よろしくお願いしますね^^

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ