時間を大切にする

時間

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、体感力を上げるというお話でした。

今回は、時間を大切にするというお話です。

時間は、すべてのモノに平等に流れています。

ヒトが定めし時間という概念は自然界にはありませんが

『時』はすべてに流れています。

日が昇り、日が沈む、朝が来て昼になり夜になる。

そして、また日が昇る。

植物や自然生きる動物たちは、これにそって生きています。

太陽の恵み、雨の潤い、風の心地よさの中で生きています。

すべての時間を自身のため使っています。

自然に生きる動物たちも、基本は自身のために使っています。

基本というのは、幼き我が子のためやコミュニティーのために

使う時間も自らの意志で選択して使っているからです。

植物も動物も、自分の意志で時間を生きています。

ヒトは、自分の時間を切り売りしている場合があります。

自らの意志ではなく、他からの影響や強制によって時間を

使っている事があります。

時間は、すべてに平等に流れています。

しかし、その時間を自身が大切にしない限りは他に奪われて

しまいます。

「それでは、社会が成り立たないし秩序が保たれない!」と

思うヒトもいらっしゃると思います。

働く事、他のために時間を使う事、何もしない時間。。。

それらがいけない事ではなく、自身が選択し時間を使う事を

許可している事が大切です。

選択権を『他』にゆだねているから、つらさや苦しさ、

怒りや憤り、寂しさや虚無感を感じるのです。

時間はすべてのモノに平等に流れています。

誰かの時間が長いわけでも、何かの時間がツマラナイ訳でも

過去の時間を引きずる訳でも、ありません。

ずっと、流れ続けているだけです。

どう捉えているかは自分自身です。

時間を大切にしましょうね^^

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ