当たり前なんかない!

 

 重なり

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!(^▽^)/

前回は、『結果よりも過程を観る』というお話でした。
今回は、『護られている事を知る』というお話です。

私達は、何気なく暮らしていると思います。

何気なく、日常を過ごして、
何気なく、夜を迎え朝を迎えています。。。

何気なく、会社や学校に行き、
何気なく、お買い物に出かけたり、
何気なく、家事をこなしたりしています。。。

まるで、毎日が当たり前に来るものだと信じています。

帰る場所が在るコトや、待っている家族が居るコト、
話せる友や仲間が居るコト、、、

全てが『当たり前』になっています。

何かが起きた時や起こした時に、
初めて『当たり前』というモノ・コト・ヒトがない事に、
気付けたりします。

それでも、平穏を取り戻すのと同時に、
また、『当たり前』という思いに囚われます。

瞬間的には、『丁寧』にもなれるし、
『慎重』にもなります。

しっかりと向き合おうともするし、
しっかりと聴こうともします。

素直に伝えようともするし、
素直に表現もします。

それなのに、時間の経過や関係性の改善とともに、
それらの思いや想いは、薄れていきます。。。

『当たり前』になり、『パターン化』してしまいます。

『自己解釈』をして、『自己省略』や『自己歪曲』をして、
自分の都合のいい状態へと変えてしまいます。

ヒトは『パターン』を作りたがる生き物です。

『パターン化』する事で、エネルギー消費を
少なくしようとします。

『パターン化』する事で、思考する量を減らし、
時間も短縮できます。

『当たり前』にする事で、
色々な手間を省くことが出来ます。

それらによって、思考をする事も、深く知る事も、
細かく気づく事も、周りへの気配りや配慮を、
極力減らす事が出来ます。

そうして出来上がるのが、『無関心』や『無感動』、
『やる気なし』や『適当』という生き物です。

そんな状態にならない為に、

日々の暮らしの中で、忘れてはいけないのが、

『当たり前なんかない!』

という事です。

そう意識する事で、『自己中』にはなりません。

『自分勝手』にも、『正当化』もしなくなります。

起こる事、起こす事にも、意識を向ける事が
出来るようになります。

『当たり前なんかない!』

意識して観てくださいね!

よろしくお願いします(^▽^)/

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ