たっぷりの栄養と気候を与える

自然

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!!

前回は、順番を守ろうというお話でした。

今回は、栄養と気候の話になります。

心の土壌を最初にしっかりと創り込んだのだから、もう栄養は必要ないと思っておられるかもしれません。

しかし、成長過程によっては、追肥を与える方が効果的だったりします。

肥料も、緩やかに効く固形肥料だったり、即効性のある液体肥料だったり、両方を一緒に使ったりします。

また、日当たり具合や雨の量、風向きや風量なども調整してあげたほうが成長が良くなります。

では、心の環境を調整するには、どうすればよいのでしょう。。。

心の環境の肥料になるのは、自分の好きなコトやモノ、場所や音楽、絵画や写真などに十分に浸れる時間を取る事です。

自分がリラックス出来る事、ゆったりと余裕が出る事、他へ意識が行かずにドップリと集中できる事、スッキリする事

サッパリする事、ワクワクする事などを少しでも良いので、意識的に摂取する事が栄養になります。

また、ワクワクやサッパリ、スッキリなど感覚や感情が良い気分になると心の中の環境では、気候として現れます。

ワクワクが多ければ、サンサンと降り注ぐ太陽光線に!

スッキリ、サッパリなど感じたなら、さわやかな風となって吹くかもしれません。

逆に、イライラしたりムカムカしたりしていては、暴風雨や落雷、台風やハリケーンを起こしてしまうかもしれません。

日々の生活の中で、イメージしてみて下さい。

今のあなたは、心の環境をどんな状態にしていますか?

栄養は足りていますか?

意識化する事で、管理がしやすくなりますよ^^

よろしくお願いしますね!

有難うございます!!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ