自分のテリトリー

環境

便器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『所属欲求を持っている』というお話
でした。
今回は、『自分のテリトリー』というお話です。

前回書いたように、ヒトは遺伝子レベルで
『所属欲求』を持っていて、それに伴って、
『承認欲求』も持っていると書きました。

その為に、何かしらの『団体』や『チーム』や
『グループ』などの『コミュニティ』に属そうと
色々な所に参加するヒトが増えています。

それらに入れない、属せない、受け入れて
もらえないという『不安』や『恐怖』を過敏に
感じてしまうヒトは、周りに対して『媚び』たり、
自身を『卑下』する事で、バランスを保とうと
します。

そこまでの過度な態度をしていなくても、
どこかしらで『不安』や『怖れ』を感じていたり
するので、1人になったらどっと疲れが出たり
します。

そんな状態になるのにも、理由が在ります。

それはヒトの遺伝子の中には、生物の本能と
しての欲求が在るからです。

ヒトは、『所属欲求』という『群れる』という本能と
『ナワバリ』つまりは『テリトリー』を持ちたいという
欲求も持っています。

自然界の動物たちも、なわばり争いはしています。

ナワバリを明確にする事で、そこの中は『安全』で
『安心』して居られる『空間』になります。

その『空間』を確保する事で、安らぎを得る事が
出来て、疲れが癒せるのです。

いうなれば、『独りになれる空間』です。

ヒトによっては、それがトイレだったり、お風呂
だったり、お部屋や図書館というヒトもいます。

両方の欲求を満たす為なのか、ヒトが大勢いる
場所をあえて『空間』にチョイスするヒトも居ます。

どうであれ、自身が意識して

『自分のテリトリー』

を確保できる『トコロ』を見つけるのが大切です。

そこに居れば、落ち着けて安心し出来て、疲れも
悩みも癒される様な『空間』。

意識して観てくださいね。

有難うございますm(__)m

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました