不安への向き合い方

落ち込み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『外れる勇気と属する覚悟』という
お話でした。
今回は、『不安への向き合い方』というお話です。

ヒトは、何かをしようと思った時や、何もしていなくても
何かしらの『不安』を抱いてしまう傾向にあります。

『不安』とは、安心が出来ない状態です。

何かしらをしようと思った時ならば、そのモノコトに
対しての恐れや心配などといった『不安』になる要素
が在るので、『原因』は見つけやすいです。

しかし、何もしていないのに『不安』になるというのは、
『原因』も特定できないので、より『不安』を煽ります。

どうして、そうなってしまうのか?
何に対して不安を感じているのか?

色々な思いや想いに翻弄されて、より恐怖を感じたり
複雑化してしまっているかもしれません。

『不安』が起きる『原因』には、その先に『不確定』な
モノコトが在る場合や、現状の自分に対して何らかの
欠点や劣等感を持っている場合などに現れます。

または、育ってきた環境や状況によって刻み込まれた
『不安』もあります。

どんな『不安』にしても、自分の中で何かしらの思いや
想いが湧き出している状態です。

ほとんどの場合、その『不安』をどうにかして押さえ込もうと
したり、気づかないフリをしてやり過ごそうとします。

中には、無理やりポジティブに変換して乗り切ろうと
するヒトも居ます。

そのどれもが、『不安』に対して『抵抗』を持っている
状態です。

それでは、『抵抗』がより『抵抗』を呼び込んでしまいます。

『不安への向き合い方』

それは、『抵抗』するのではなく『検証』と『分析』をする
のに、まずは寄り添う事です。

『抵抗』せずに寄り添った時、『抵抗』によって増幅されて
いた『不安感』が加算されないので、『不安』は想定して
いたよりも小さい状態です。

その『不安』な自分を素直に受け止め向き合い、
落ち着かせる事から始めましょう。

そして、落ち着いた時に自身に向かって『問い掛け』を
してみましょう。

ゆっくりとじっくりと時間を掛けて、『問い掛け』ましょう。

きっと、何かしらの『原因』が観えて来ます。

『不安への向き合い方』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

有難うございますm(__)m

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ