記憶の意味づけを観る

Lock

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます!

前回は、『自分ルールを更新する』というお話でした。
今回は、『記憶の意味づけを観る』というお話です。

あらゆる『生命』は、『種』として成長する為の『遺伝子』が
組み込まれています。

その『遺伝子情報』によって、『種』は守られています。

『基本ベース』になっているのが、『遺伝子情報』であり、
成長過程で発生する様々な『事象』は、『今まで』の
『記憶』と自身の中に在る『ルーツ』によって、対応しています。

『ひまわり』が『ひまわり』になるのは、『ひまわり』の
『遺伝子情報』がしっかりと刻まれているからです。

この『遺伝子情報』が傷つけられたり侵害されると、
『ひまわり』ではないモノになってしまいます。

『突然変異』が起こる時は、ナニカシラの意図によって、
『遺伝子情報』が書き換えられています。

環境の著しい変化や、急激な状況変化、完全に死滅しそうな
状態などに見舞われる時に、起きたりします。

いつでも起きる訳ではありません。

本来であれば、基本になる『遺伝子情報』には、
強固な『Lock』が掛けられています。

『Lock』によって、ナニモノも触れる事も書き換える事も
出来ません。

これは、あくまでも『基本ベース』に掛かっているのであって、
成長していく際に生じる出来事には、『臨機応変』に
対応できるようになっています。

通常は『自由』であり、『応用』する事も『追加』する事も
可能です。

ヒトは、『脳の発達』に伴い、『記憶』や『情報』に
様々な『意味づけ』をして、保管しています。

色々な『事象』や『出来事』に対して、自身が『選択』した
『意味』をくっ付けています。

意図的な場合や、無意識によっても、『意味づけ』を
しています。

それらの『意味付け』は、過去の出来事や記憶によって
付けられています。

自分の経験や、親兄弟、周りの過去の出来事からも、
『意味付け』はされます。

自分が、自分の持っている『記憶』たちに、
どんな『意味づけ』をしているのかを探って観ましょう!

『記憶の意味づけを観る』

意識して観て下さいね。

自身が『当たり前』だと思っている事が、周りからは
全然違っているかもしれませんよ。

よろしくお願いしますね!

有難うございますm(__)m

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ