幸せ恐怖症のヒトビト

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自分を観察するチカラ』という
お話でした。
今回は、『幸せ恐怖症のヒトビト』というお話です。

多くのヒトが口にしている言葉、、、

「幸せになりたい、、、」。。。

一度は口にしたヒトも居れば、
耳にした事があるヒトも居ると思います。

しかし、、、

この言葉、、、

よくよく聴いてみると、
現時点が【幸せ】ではない事に
聴こえてしまいます。。。

「幸せになりたい、、、」。。。

現状の自分はこんなのだから、
幸せではない。
だから、幸せになりたい!と、
受け取られても仕方のない言葉です。

今も幸せなのであれば、
「もっと、幸せになる!」とか、
「さらに幸せになる!」という感じが
いいと思います。

さて。。。

それとは少し違うのですが、
そう言っていて、
せっかく【幸せ】を手にしたのに、
それゆえに【不幸せ】を
感じているヒトも居ます。。。

【幸せ】の中に居るはずなのに、
【不安】や【不幸】な部分を探してしまう、、、

【幸せ】のはずなのに、
【疑心】を持ってしまう。。。

【幸せ】の中に居る事に慣れれず、
居心地が悪い、、、

などなど

『幸せ恐怖症のヒトビト』

が居ます。。。

あらゆるトコロから、
様々なモノ・コト・ヒトから、
マイナスな【材料】を探し集めて来る。

問題を自身の目の前に
【山積み】にする。。。

それらに囲まれている自分を
感じて苦悩する。。。

何かに縛られ、制限されている事を
感じて凹み落ち込む。。。

【幸せ】の中に在るのに、、、

『幸せ恐怖症のヒトビト』

あなたは、そんなヒトビトに
なってはいませんか?

意識して俯瞰してみましょう!

よろしくお願いします!

 

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “幸せ恐怖症のヒトビト”

  1. 通り雨 より:

    わたしは
    はた目に見えるhappyさはないし、
    性格はネガティブで、

    問題も山積みだけど、

    なぜか
    今が幸せです。

    なんにもないけど
    幸せです。

    「幸せ恐怖症」だった頃は
    枯渇した大地みたいなもので
    どんなに水を与えてもらっても
    満たされることなく
    飢餓感が増すばかりでした。

    人並み、世間並、世の中が作り上げた「幸せ」のかたちに囚われている頃でした。

    本当の自分の幸せを
    自分の中から見つけていこうと
    思います。

    「幸せそう」とか「幸せ風」とか
    外的な目線を意識したニセモノの幸せはいりません。

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      そうですね^^
      外的なモノがつくりし
      【幸せのカタチ】。。。
      それらに惑わされる事無く、
      自分自身を感じて参りましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ