自身を惑わすモノの正体

inu

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『見失わないで生きて行く』というお話でした。
今回は、『自身を惑わすモノの正体』というお話です。

あなたは何かに惑わされた事はありますか?

または、騙されたり、信じたり、思いこんだり、
そんな状態になった事はありますか?

そんな状態になってしまったのは、
どうしてでしょうか?、、、

相手の口車に乗ってしまった。。。

相手を信用してしまった。。。

相手の話や提案に魅力を感じた。。。

欲や得に目がくらんだ。。。

目の前の満足に溺れた。。。

色々な思いや想いによって、
その状態になったのだと思います。

さて、、、

確かに、
自分自身に【刺激】を与えたのは、
明らかに他のモノコトヒトです。。。

または、目の前の不安要素だったり、
将来のビジョンかもしれません。。。

それらを自身が受け取り、受け容れた事で、
様々な【結果】をもたらしています。

『自身を惑わすモノの正体』

それは、
すでに気づいているヒトも居ると思いますが、
それらを受け取り、受け容れた、
【自分自身】です。

起きた【事象】は、
とても【シンプル】です。

それを自身がどうであれ、
理解する為に、
自身の中を総動員して、
それらに【意味付け】をします。。。

意味の解らないモノのままにはしません。。。

どうであれ、過去から蓄積してある情報と、
今仕入れたデータから、
それを照合し、検索し、調整をして、
目の前のモノコトヒトを意味づけます。。。

『自身を惑わすモノの正体』

それは誰でも無ければ、
モノコトでもなく、
【自分自身】が導き出す【結果】です。

という事であれば、、、

そこまでに行き着く【過程】を検証し、
そこに手を加えて行けば、
自ずと【結果】は変わります。

あなたは、何に惑わされていますか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “自身を惑わすモノの正体”

  1. 通り雨 より:

    主観に囚われそうな事象に出くわしたとき、
    語尾に「……ただ それだけのコト」
    と まず 想うように しています。

    モノコトヒトをなるべく
    フラットに観たいので…( ´△`)

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      そうなんですね。
      それはいい方法ですね。
      一旦、落ち着けますからね。
      フラットにシンプルに!
      観て参りましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ