無理やりにしない

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自分で自分を省みる』というお話でした。
今回は、『無理やりにしない』というお話です。

ヒトはついつい、、、

何かしらを「しなければならない!」に
してしまいがちです。。。

「これをいついつまでにしなければならない!」

「自分で決めたのだからしなければならない!」

「ポジティブでなければならない!」

「元気で居ないといけない!」

「常に笑顔でないといけない!」

などなど、、、

自分自身で決めたモノコトで、
自分自身を固めています。。。

イロイロなモノコトヒトを、
自身の目の前に山積みにして、
「それを処理しなければならない!」と
自分自身に自らで強要しています。。。

また、、、

生きてきた環境や状況等によって、
自分自身の【セルフイメージ】も、
『しなければならない!』で
塗り固めているヒトも居ます。。。

「明るく元気な私」

「笑顔で居る私」

「周りに優しい私」

「寛大で寛容な私」

などなど、、、

周りに対応するための、
『自分』で居ようとしているヒトも居ます。

どれにしても、
本来の自分自身としては、
とても苦しく辛く痛い状態です。。。

『無理やりにしない』

強引や強制、制限や制約等によって、
自身に無理やりに課してした事は、
どこかで必ずと言っていいほどに、
【ひずみ】や【ゆがみ】を生じさせます。

そこから生み出される
【反動】のエネルギーは、
とても強大で多大な影響を与えます。

『無理やりにしない』

金属に例えるなら、
硬い金属を、
強引に曲げ伸ばしをし続けていると、
どこかで『金属疲労』を起こして、
パキッと折れてしまいます。。。

また、、、

竹を無理やりにしならせたとしても、
反動が起き、跳ね返されてしまいます。。。

「ネガティブ」を「ポジティブ」に!

「ピンチ」を「チャンス」に!

「元気がない」を「元気だ!」に!

どれも無理やりにしても、
後の反動や影響が大きくなります。。。

『無理やりにしない』

あなたは無理やりにしている事や
決めて在る事はありますか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ