価値に拘るヒトビト

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『承認されたい欲求』というお話でした。
今回は、『価値に拘るヒトビト』というお話です。

あなたにとっての【価値】はなんですか?、、、

ヒトは誰にでも、
自分自身の【価値観】があります。

その【価値観】で、モノコトヒトを見て、
色々な判断や選択、決定をしています。

自分の【価値観】にそぐわないなら、
無視したり、無関心だったり、
場合やヒトによっては、
それを批評したりします。。。

「いけない」「間違っている」「おかしい」、、、

そんなふうに、自身の意見や考えを
主張します。

さも、
自身が「間違っていはいないのだ!」と、
自身の【正当化】にエネルギーを
注ぎます。。。

何がダメで、何がおかしくて、
何が間違っているのかを、
理路整然と責めたてます。。。

あくまでも、
自分自身の【価値観】でしかないのに、、、

『価値に拘るヒトビト』

自分の【価値】に拘っているヒトは、
とても素晴らしいと思います。

その【価値観】にブレが無いからこそ、
自身の【生き方】や【こだわり】に対して、
真っ直ぐに向き合い進めていく事も
出来ます。

あらゆるモノコトヒトに対しても、
自分自身の【基盤】ができているので、
難なくクリアして行けます。。。

本来の意味での、
【価値に拘る】が出来ているヒトならば、、、

『価値に拘るヒトビト』

最近、多く観て感じるのは、
自分自身の【価値】が全てであって、
他は関係が無いという様な感じです。

自身の主張や主観を通したくなる衝動。

自身の考えや思いや想いを
全部承認して欲しいと思う情動。

常に自身が他よりも抜きん出ていたいと
欲し求める欲求。

どれにしても、
他よりも優れているのだと、
証明したがっている様な行動です。

そんなヒトがこだわっているのは、
【価値】ではなく【勝ち】なのだと思います。

それも目に見える部分での【勝ち】が
何よりも大切にしている様に思えます。

『勝ちに拘るヒトビト』、、、

何よりも先行しているのが、
自分だけの【プライド】です。

表面をコーティングしているだけの
やわな【プライド】というメッキ、、、

触れられると、簡単に剥がれたり、
傷ついたり、破れてしまうので、
常に【ファイティングポーズ】を
取っています。。。

気付いてください。

その時点で、
そんな自分が一番、
【負ける事】に怖れを抱いている事に!

『価値に拘るヒトビト』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ