自分で決めてしまっている事

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとございます。

前回は、『決して変わらぬ日常は無い』という
お話でした。
今回は、『自分で決めてしまっている事』という
お話です。

ヒトは知らず知らずの内に、
自分なりの【ルール】や【決め事】、
【概念】や【思い込み】【決めつけ】など
かなりな量を保持しています。

それらは、思考や感覚、五感を感じる時などの、
【ベース】になるモノです。

それらを【規準】にする事で、
自身の【善悪】や【常識】等を、
判断し選択し決定出来ています。

それらが曖昧では、
どうであれ自分自身だけで、
判断する事も選択する事も決定する事も
出来なくなります。

が、、、

中には、その【曖昧で居る】という事を
自らで決めているヒトも居ます。

いわゆる【罪人意識】であったり、
【卑下】であったり、【悲観的】だったり、、、

様々なモノコトヒトに対しても、
【マイナス】や【ネガティブ】な方向で、
捉えたり捕らわれたり囚われたり、、、

そうなる様に、意図的であれ、
無意識であれ、自身で【設定】しています。

その期間が長ければ長い程に、
【自動化】されてしまっています。

本人が意識をして向き合いながら、
引っ張り出してこないと、
自身では気付けません。

その為にまず始めに取り組むのが

『自分で決めてしまっている事』

を、何でもいいので
書き出して観るという作業です。

それこそ、自身では【当たり前】だと
感じているモノコトだったり、
【常識】と思っている事だったり、
【ふつう】と思っている事にも、
意識を向け直して検証して観ましょう。

『自分で決めてしまっている事』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “自分で決めてしまっている事”

  1. 通り雨 より:

    自分で
    決められること 絶対的なことって
    ひとつだけだと想います。

    しあわせであること。

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      なるほどですね。
      しあわせである事。
      それすらも定義が出来た時点で、
      同時に不幸せも生んでいますね。
      決めてしまっている事になりますね。^^

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ