自分で自分を省みる

自分らしく生きる

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『何かと理由が欲しいヒトビト』というお話でした。
今回は、『自分で自分を省みる』というお話です。

ヒトは何かを発信しています。

何も発信していないと思っていても、
何らかのナニカは発しています。

【存在】そのものも発している事になるからです。

何も無いとか、何も見えない訳では無く、
そこに確かに存在しています。

他の誰からでも認識されるし、
他の誰かも存在している事に気づけます。

そんな自分自身が、
自ら何かを発したのであれば、
間違いなく【発した何か】が、
そこに存在します。

言い放ったまんまで良いと思うのは、
自身の勝手であり横暴です。。。

時に他者に対して
何かしらの負荷なり負担になる事を
放ったり、発する事もあります。

それがイケナイのではなく、
それをしたのだという自覚が無いままや
意図的にダメージを負わせる為に
その行為をしたのであれば、
その行為は、理不尽極まりない
行為だと思います。

それらが、事実によってのモノでは無く、
自身の勝手な解釈や思い込み、
決め付けによっての行為であれば、
尚更です。

そんな状態に陥らない為には、
常日頃から、

『自分で自分を省みる』

という習慣を身に着ける事が必要です。

自身が放つモノコトが、
他者に伝わった時にどう感じ想わせるのか、、、

自身が発したモノコトが、
他者をどうしてしまうのか、、、

自身が決めつけ思い込んでいる事が、
本当に事実なのか、、、

省みる項目はたくさん在ります。

自分だけが『被害者』や『弱者』だという
そんなイメージを持っているヒトは、
時に最大の『加害者』になっている場合も
在るのだと気づきましょう。

『自分で自分を省みる』

あなたは出来ていますか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ