自身が捉えるのは?

一方通行

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『正しく開き直るという事』というお話でした。
今回は、『自身が捉えるのは?』というお話です。

ヒトの意識は【一方通行】です。

自身がベクトルを向けているモノコトヒトを
自身が捉え、
自身にそれらの情報や刺激を向け与えます。

ただし、、、

それらの大半は、
【事実】そのものではなく、
ほとんどが、
自分自身の【主観】によって、
色付けや脚色されたモノコトヒトに
なっています。

対象からの【一方通行】を
受け取っているのではなく、
自身の【一方通行】に乗せる為に、
自身の【解釈】や【思惑】等の
エッセンスとスパイスを織り交ぜて、
自身の受け取りたい様に
改変しています。

『自身が捉えるのは?』

自分自身が捉えている事は、
良きも悪きも、
自身が設定している
モノコトヒトだけです。

それ以外は、
いっさい気にならないし、
五感にも入って来ません。

よっぽど自身にも
危害や影響が出る様な
モノコトヒトであれば、
それらの設定を無視して
入って来ます。

それ以外は、
常にスルーしています。

五感や直感にしても、
自身が捉えるのは、
意識であれ無意識であれ、
生きてきた中で、
設定しているモノコトヒトに
関する事だけです。

つまりは、、、

自身が何をどういう風に、
【設定】しているのかを、
意識して探らない限り、
自動でそれらを引き寄せます。

『自身が捉えるのは?』

良きも悪きも、
何かしらを捉えて、
それらに捕らわれ、
どんどんと増幅させて、
囚われの身にするのは、
誰でも無い、
【自分自身】です。

あなたが捉えるモノコトヒトは、
どんなモノコトヒトですか?

あなたはそれらモノコトヒトを
どんな風に捉えますか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします。

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ