その行動言動は自覚している?

一方通行

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『プライドなんか脱ぎ捨てろ!』という
お話でした。
今回は、『その行動言動は自覚している?』
というお話です。

自分が発しているモノコトは、
他の誰でも無い、
自分自身が発しているモノコトです。

行動にしても、
言動にしても、
表現や表情にしても、
思考や感覚も全部、
自分自身のモノコトです。

色々と沸き起こる感覚や感情、
思考や記憶、思いや想いの中から、
どれかを判断し選択し決定しているのも
自分自身です。

「~~~のせい」と思ったとしても、
何らかに巻き込まれたにしても、
その時に判断し選択し決定しているのは、
他の誰でも無い、【自分自身】です。

支配的であったり、
威圧的であったり、
自分勝手な相手であっても、
その場で、その時に、その行動や言動を
最終的に判断し選択し決定しているのは、
他の誰でも無い、【自分自身】です。

たとえそれが、
諦めや屈服、恐怖や怯えからであっても、
その選択をしているのは
キツいかもしれませんが、
【自分自身】です。

他に対して、
意識的であれ、無意識であっても、
何かしらのアクションを起こしているのは、
どうであれ【自分自身】です。

だからと言って、
それを『恐怖』や『罪』に感じる必要は
ありません。

そんなふうに考えては、他に対して、
何も行動も言動も起こせなくなります。

責めているとか、
追い詰めているのではなく、
ただただ、
どうであれ、そうなのだという事を
自身が自覚して欲しいだけなのです。

『その行動言動は自覚している?』

発する前に、放つ前に、
囚われる前に、思い込む前に、
決めつける前に、信じる前に、

この『問い』を自身に投げ掛けてみよう。

それだけで、
『他のせい』には出来なくなります。

「他を傷つけたい!」
「他を貶めたい!」
「他にダメージを負わせたい!」

そう自覚しながらも、
それらの為の行動や
言動をするのであれば、
その後のモノコトヒトの事まで、
責任を持って起こしてください。

対象だけでなく、
そこから派生するであろう、
色々なモノコトヒトの
具体的な部分から、
精神的な部分まで、
全責任を持った上で、
自身が起こしたかった
行動や言動をしてください。

そこまでの責任を持てないなら、
それは自覚しているとは
言えません。

『その行動言動は自覚している?』

意識して自身に問うてみましょう!

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

4 Responses to “その行動言動は自覚している?”

  1. 通り雨 より:

    自覚しつつあります。

    何を言ってもやっても全部自分
    360度全部自分と思えるようになりました。

    そう思ったら
    反省はたくさんあっても 後悔はしなくなってきたかな

    後悔って
    人頼みを期待して起きることが多かったような気がします。
    気持ちのリセットするにも時間がかかりました。

    自分頼みの失敗は反省と学びのみで
    気持ちの浮上も早いです。

    • 通り雨 より:

      ただ、

      >対象だけでなく、
      そこから派生するであろう、
      色々なモノコトヒトの
      具体的な部分から、
      精神的な部分まで、

      …と そこまでの読み取りはなかなか難しく出来ずにいるかも。

      ただ、
      行動、発言の際、
      自分自身の意図は、根拠はなにかを
      確認してから発するという意識はしています。
      (瞬間的なことだから、これさえも 難しいですが)

      でも、情動、衝動による発言は
      ナシにしたいから。

      • 通り雨 より:

        そんな 情動、衝動も
        自分自身で認め 愛してあげようかと思います。

        なんか度々
        うるさくて すみません( ̄▽ ̄;)アハハ

        たくさんコメントしながら
        自身に刷り込みをさせてもらっています。( ̄▽ ̄;)

        • うえる より:

          通り雨さん、こんばんは。
          一連のコメント^^
          いいと思います。
          誰かに発する事で、
          反復や反芻も出来ますからね!
          振り返りも出来るので、
          以前のコメントを読み返したりも
          してくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ