自分の人生を生きる

time-spiral

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『抗う事を止めてみる』というお話でした。
今回は、『自分の人生を生きる』というお話です。

誰にも同じように時間は流れています。

国による時差は在っても、時は必ず流れています。

時が止まっている様に感じる生活をしていても、
時間に追われ焦りながら必死になっていても、
そこには同じ時間が流れています。。。

どこかだけが早くて、
どこかだけが遅くなっている訳ではありません。

それぞれがそれぞれに、
体感的に早く感じたり、遅く感じているだけです。

何かの瞬間に、
「このまま時が止まってくれたなら!」と、
願ったコトがあるヒトも居ると思います。

感覚的にスローモーションの様に感じたり、
重くて動きづらくまとわりつく様な感覚に
なったヒトも居るかもしれません。。。

その時間がまるで永遠かの様に感じたり、、、

それでも、時間は誰もに同じように流れています。

そして、、、

個々の時間は、誰もに有限です。

永遠に続くという事はありません。。。

始まりが在ったのだから、
その自分という時間には終わりが来ます。

その最終で、
あなたは、自分に対して、
【自分の人生】を生きた!と、
言い切れますか?

イメージした時に、
そう言い切れないと思うなら、
何が足りないと感じますか?

何が出来ていないのでしょうか?

『自分の人生を生きる』

今現在、あなたは生きています。

そのこれまでの人生が、
本意であれ、不本意であっても、
あなたは今まで生きて来たからこそ、
今現在、ここに居ます。

本意であれば、
これからもその本意に
生き切ればいいと思います。

不本意ならば、
切り替えて参りましょう。

『自分の人生を生きる』

諦めていたり、抑え込み、
誤魔化していたいのなら、
それが【自分の人生】なのだと、
自身で納得しましょう。

納得しているのであれば、
どんな人生だとしても、
それが【自分の人生】になるからです。

そこに【不平・不満】が在るのなら、
納得できないという事なので、
切り替えましょう。

とても、シンプルです。

あなたは、【自分の人生】を生きていますか?

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “自分の人生を生きる”

  1. 通り雨 より:

    たまに この記事を挟んで欲しいです。

    • うえる より:

      通り雨さん、こんばんは。
      記事を挟む、、、
      やり方が分かりません(笑)
      ブックマークしておいてくださいませ^^

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ