見失わないで生きて行く

芽出し

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自由であるという事』というお話でした。
今回は、『見失わないで生きて行く』というお話です。

植物が成長するのは、
目で見える地上部の株や枝葉ではなく、
目では確認できない地中部の根が最初です。

タネを植え付け、
発動条件が揃った時に、
タネが成長を始めます。。。

硬い殻を破り、
最初に出てくるのは、
細い細い根っこです。。。

その根っこが、
重くのしかかる土を除けながら、
伸びて行きます。。。

根が土中にある程度伸びて、
ブレない様になった所で、
発芽し地上部へと顔を出します。

その状態になるまで、
その『タネ』は成長していないのではなく、
根を確実にしっかりと
土中に伸び張り巡らしています。

根を四方に張り巡らす事で、
簡単に抜けてしまわない様に、
ズレてしまわない様に、
地上部の株を支える為に
株を安定させる事が目的です。

根の成長と比例して、
株や枝葉の成長も起きます。

根が迷走すれば、
株や枝葉にも影響が現れます。。。

根を無視して、
株や枝葉を大きくしたならば、
株元でポッキリと折れてしまいます。。。

見える所ばかりに気を配り、
見えない部分をおろそかにしていては、
根は一向に成長しようとしません。。。

『見失わないで生きて行く』

これから先も、
何が起き、
何に捉われ、捕らわれ、囚われ、
何にハマるかもしれません。。。

そんな時でも、
自分自身の内なる部分に、
意識を向け感じ聴いたならば、
必ず見える部分も活性化します。

つい見失ってしまうのは、
内では無く、外に意識が在るからです。

『見失わないで生きて行く』

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “見失わないで生きて行く”

  1. 通り雨 より:

    ハラハラ、ザワザワ、びくびく するなど
    何かと刺激的な感じがあるときは
    外的目線であるような気がします。

    内観目線なら
    落ち着き、平安、充足感に出逢い易いような気がします。

    内観目線を育てていこうと想います。

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは!
      そうですね。
      自身の意識がどこに向いているか?
      そこにまずは意識を向けるといいですね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

▲ このページの先頭へ