肩書きは必要ない

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『性格は変えられる。』というお話でした。
今回は、『肩書きは必要ない』というお話です。

お仕事をしていると、
『名刺』を配布されます。

自営であれば、
自分自身の『名刺』をつくり持っています。

そこには、勤めていれば、役職や担当、
部署などが名前の上に書いてあります。

自営であれば、屋号や自身の立場などが
明記されています。

裏面や名前の下などには、
持っている資格やステータス等を
明記しているヒトも居ます。

それらによって、『名刺』は
相手に自身がどういうヒトなのかを
知って頂く為のツールになります。

社会的な部分でですが、、、

そう。。。

『名刺』に現されているのは、
そのヒトの事ではありますが、
そのヒトの全てではありません。。。

もしかすると、
そのヒトのほんの少しの一面かも
しれません。。。

または、、、

完全に偽りの場合もあるかもしれません。

『名刺』だけで、
そのヒトを知った事にしてしまっては、
とても勿体ないし残念な事です。

つい、、、

誰もが思う事の中に、
「自分には何か現すモノがない!」とか、
「自分にはヒトに示せるコトが無い!」とか、
何かしらの『ナニカ』を欲するヒトが
多く居られます。。。

何にも無い自分には、
何の価値も無い!、、、

そう感じているヒトも多い様に感じます。。。

『肩書きは必要ない』

今までの社会性では、
【肩書き】はそれなりに重要視されていました。

それらを通して相手も見たし、
自分自身の事も見ていました。。。

自分に何も無いと感じるヒトは、
何かしらの資格や認定やされる事に
時間とお金を費やしました。。。

それを得れば、
自分に自信が付くかの如く、、、

『何も無い!』、、、

そんな焦りや不安に囚われ、
自分に向けれるはずのエネルギーを
外部に注ぐ、、、

取得する事が目的になり、
活かす事を忘れる、、、

取得しても無くならない不安や怖れ、、、

そして、また他のモノを取得しようとする、、、

『肩書きは必要ない』

【自分自身】を現すのに、
何かしらの資格も認定もステータスも、
物質的な何かも、
いっさい必要ありません。

何が無くても、
あなたは、生まれてから死ぬまで、
【自分自身】です。

「自分には価値が無い」

そう決め込んでしまっているのは、
誰でも無い『自分自身』だという事に
気付きましょう。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

4 Responses to “肩書きは必要ない”

  1. 通り雨 より:

    最近は
    「自分には価値がない」と言ってるヒトサマを観ると
    哀しくなります。

    自分もかつては
    腐るほど そうボヤいてはいたけれど…

    「価値」ってなんなんてしょうねえ?

    「値下」って 価値を下げるってことになるのかなあ…

    • うえる より:

      通り雨さん、こんにちは。
      【価値】って、なんでしょうね。
      誰が付けているのでしょう、、、

      値下げ、、、
      卑下する事もそうですね。

      • 通り雨 より:

        自分自身の「値入れ」は
        自分自身で決めましょう

        フェアなお付き合いができる

        適性価格にて(^^)/

        • うえる より:

          通り雨さん、こんにちは。
          そうですね。
          フェアに適正価格にて参りましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ