生き方よりも生きざまを!

ダウンロード

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『伝え繋ぐ事の難しさ』というお話でした。
今回は、『生き方よりも生きざまを!』というお話です。

あなたはどんな【生き方】をしていますか?

その【生き方】はどうやって選択しましたか?

誰かの【生き方】に憧れてですか。。。

何かの情報によってですか。。。

それとも周りからの影響ですか。。。

周りにどう見られるか?
周りにどう思われるか?
周りにどう感じ考えられるか?

外的な要因に対して選択しているなら、
それは【生き方】になります。

また、、、

何かの情報や提供、
知識によって得たモノコトに従って、
内的な部分を観たつもりでも、
【生き方】になります。。。

【生き方】というのは【方法】です。

【ノウハウ】【スキル】でしかありません。

誰かの『成功法則』を
そのままに真似た所で、
そこそこは行ったとしても、
そのヒト以上には成功しません。

ほとんどの場合、失敗してしまいます。。。

そして、、、

その【方法】に対して評価したり、
せいにしたりします、、、

【方法】は世の中のありとあらゆるモノに
存在します。

情報発信している媒体もたくさん在ります。

もちろん!

それらが『不必要』と言っているのではなく、
それらは自分自身を見直す【キッカケ】です。

それらを通じて、
何よりも観て感じ考えて行くのは、
その対象ではなく【自分自身】です。

自身が、どう捉え、どう拾い、
どう感じ、どう考え、
どう思い、どう想うのか。。。

そして、どう判断し、どう選択し、
どう決めるのか。。。

そこから進み出した自分を観て感じて、
体感しながら生きて行く姿。

それこそが最も大切です。

『生き方よりも生きざまを!』

どんな【生き方】であれ、
どんな【進み方】であれ、
どんな【思考法】であっても、
その判断と選択と決定を
最終的にしているのは
【自分自身】だという事を自覚し、
【覚悟】を持って生きる様。

それが時に他を魅了し、
生きざまを魅せる事になります。

他に見せよう!他に認めさせよう!
他に分からせよう!とした時点で、
【ノウハウ・スキル】になります。。。

『生き方よりも生きざまを!』

何かを感じたり考えたり、
思ったり想ってくれるのは、
対する者の勝手です。

そこまでどうこう出来ません。

【責任】が持てるのは、
【自分自身】に対してです。

あなたは生きざまを魅せていますか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ