囚われない生き方をするには

Lock

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『どう活かせるかを探る』というお話でした。
今回は、『囚われない生き方をするには』という
お話です。

日々の生活の中には、
自分自身を悩まさせたり、
翻弄したり、萎縮させたり、怖がらせたり、、、

自身を不安にさせたり、苦しくさせたり、
かなしくさせたり、さみしくさせたりする、
モノコトヒトが在ります。。。

そんな出来事や事象、対象が現れた時、
あなたはどう対処していますか?

あまりの怖さや不安から逃れる為に、
『現実逃避』をしていますか?

負けない為にと、
『ファイティングポーズ』をしていますか?

それら全てを赦し認めるのだ!と、
『いいヒト』していますか?

事を大きくしない様にと、
『妥協』していますか?

もうしょうがないのだ!と、
『あきらめ』ていますか?

どれにしても、
その出来事や事象、対象を、
その様に捉え、
自ら捕らわれて、
囚われの身に落ちています。。。

一見、抗い対抗した様にも見えても、
その時点で【抵抗】を向けています。

そう、
すでに捉え捕らわれ囚われています。

『囚われない生き方をするには』

まず初めにする事は、
【囚われ】を観る事では無く、
【捉え方】を観る事です。

自身が色々なモノコトや様々なヒト、
出来事や事象、対象に対して、
どう捉えるのか。。。

その部分を検証し観察する事が、
真っ先に取り組むところです。

【捉え方】を把握し自覚すれば、
【捕らわれ】る事もなくなり、
【囚われ】になる事もありません。。。

言葉通りにすればですが、、、

『囚われない生き方をするには』

まずは現状をそのままに観る事です。

イロイロと持ってきて
付け足したくなるかもしれません。。。

その時点で【主観】に捕らわれます。

【事実】は【事実】として、
【主観】は【主観】として、
観るチカラを身に着けよう。

意識して取り組んでみてくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

2 Responses to “囚われない生き方をするには”

  1. 通り雨 より:

    事実 と 主観 に 仕分ける

    事実はひとつだけど

    主観はたくさんたくさん出てくるから
    サムネイル化してライブラリー状態ですね (^^)/

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ