表面的か内面的か

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『何をみているのか。。。』というお話でした。
今回は、『表面的か内面的か』というお話です。

人間社会の中には、
『社交辞令』とか『お世辞』、
『付き合い』とか『接待』などというモノが
あります。。。

会社間であったり、関係性の中で在ったり、
集合住宅やその場所場所にもあります。。。

その中には、
自分自身では望んでもいなければ、
欲してもいない状況や状態があります。。。

本当の想いや思いに従うなら、
絶対にイヤだという場合もあります、、、

しかし、、、

後々の事を考えると、
そこで無視したり、
偽って中止にする訳にもいきません。。。

ましてや、、、

自分だけではなく、
周りにまで影響が出かねないと
いう状態ならばなおさらです。。。

無理をしてでも、
自分を誤魔化してでも、
自分を無視してでも、
それをしないといけません。

無理やり笑顔で、
無理やり楽しく振る舞い、
無理やり相手に合わせる、、、

そんな状態を続けていては、
自分自身が崩壊しかねません。。。

そんな状態にならない為には、

『表面的か内面的か』

自身がどんな状態に在るのかを、
自分自身が意図して自覚している事が
大切です。

自分を見失ってまで、
相手に合わせていたのでは、
本当の自分は、
自分自身にまで
裏切られている事になります。

そんな状態では、
エネルギー的にも、
精神的にも持ちません。。。

『表面的か内面的か』

相手がどんな意識で、
自分をみているのか!、、、
それを自身で見極め、
その程度に応じて、
自身も合わせる事で、
自分自身を見失いません。

『着ぐるみ』は、
着こんでいるヒトが居て、
初めてリアルに動きます。

あなたは、いくつの『着ぐるみ』を
持っていますか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ