自身を整える

ダウンロード (1)

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自身が捉えるのは?』というお話でした。
今回は、『自身を整える』というお話です。

日々の生活の中には、
沢山のしないといけない事や、
やらなければいけない事や、
やりたくないけどしないといけない事など、
自分自身だけではどうにもならない事象が
いっぱい在ります。

全てを放棄出来るのなら、
どんなにラクになり、
解放されるか!!、、、

そう思う時が多々あるかもしれません。。。

確かに、、、

しないといけない事を放置しておいても、
結局は後々に負担が増すのは、
自分自身だったりします。。。

無視していても、無関心になっても、
放棄して逃亡したとしても、
自分の中のどこかしこに、
その【事】が貼り付いています。。。

それらを払拭したくて、
自分では無く、
他や周りのせいにしてみても、
結局は最終的にダメージを受けているのは
自分自身だったりします。。。

何かのせいにする為に、
自身を【正当化】する事に
エネルギーを使い、
その度に、
自身も不快な気持ちになり、
さらに【ストレス】を積み重ねる。。。

キモチは晴れるどころか、
より暗転し嵐になる、、、

『する事』『しないといけない事』
『やるべき事』『片付ける事』。。。

これらの【事実】な部分だけを観れたなら、
思い悩み、よりストレスフルになるよりも、
少ないエネルギーで、片付けられます。

とは、言ったモノの、、、

【マシーン】ではないので、
自身の中からは、
【主観的】な思いや想いは、
どんどんと出て来ます。

そこで意識するのは、

『自身を整える』

という意識です。

その対象になる出来事に対する
【事実】の部分と【主観】の部分を、
自身の中で【カテゴライズ】する
習慣を身に付ける事が必要です。

自身が受け取った【刺激】に対して、
どう思い、どう想ったのか、、、

どう考え、どう感じたのか、、、

まずは、
【事実】と【主観】に仕分けましょう。

その上で、
【する事】と【しなくていい事】に
分けて観ましょう。

【システム的】な部分と、
【情感的】な部分を切り離して
感じ考える。。。

それが

『自身を整える』

事に繋がります。

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

▲ このページの先頭へ