見える化にこだわるヒトビト

自分として生きる

 

 

 

 

 

 

本日も読みに来てくださり、ありがとうございます。

前回は、『自分にダメージを与えるヒトビト』という
お話でした。
今回は、『見える化にこだわるヒトビト』という
お話です。

今でも、繁華街などの街角に
立っておられるかもしれません。

【サンドイッチマン】

お店の看板を二枚くっ付けて、
自らが纏って町を練り歩くヒト達です。

デカデカと書かれた広告によって、
そのヒトが何の宣伝をしているのかが
一目瞭然です。

ただ纏っているだけでなく、
声に出しながら、手配りのチラシも
まいていたりします。。。

それにより、
尚更周りに認知させる事が出来ます。

そこで、興味を示してもらえれば、
【サンドイッチマン】としては、
最高の事になります。

自営業のヒトや会社員の中にも、
自分自身の【名刺】を持っているヒトがいます。

それもヒトツの【看板】です。

それを渡す事で、自分自身の職種を
【見える化】出来ます。

【肩書き】や【専門性】が書いてあれば、
より明確に他者にアピール出来ます。

職種をさらに細分化して、
何かしらに【特化】していれば、
なおさらにターゲッティングが出来ます。

また、自分自身も【ブランド化】する事が
可能になります。。。

確かにそう!、、、

確かにそうなんだけど、、、

昨今では、安易な【見える化】や【肩書き】、
【専門性】を明記して居られる方も
チラホラと目に付きます。。。

『見える化にこだわるヒトビト』

他から見られる事ばかりが重要で、
集客や見込み客を得ようとしているのが
バレバレなヒトも居ます。。。

【屋号】はとても大切です。

【自分自身】といっても過言ではありません。

【名刺】も自分自身の分身です。

【専門性】や【肩書き】も大切だとは思いますが、
そればかりが【独り歩き】しているようでは、
いったい誰の事なのかが観えなくなります。

『見える化にこだわるヒトビト』

あなたは、何を見える化していますか?

意識して観てくださいね。

よろしくお願いします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました